50代男性と20代女性のプラトニックラブはあり? 50代が20代女子に惹かれる心理とは?

スポンサーリンク
▼友情結婚に特化したサイトなら年の差婚ができる

50代男性が20代女性とプラトニックな関係を持ちたがる心理

50代男性の場合には、今までの人生でさまざまなことを経験しています。そのため、精神的にかなりストレスを溜めこんでしまっていることも多く、プラトニックな感情などに触れたい、感じたいという気持ちが強くなる傾向もあります。また、加齢に伴い感情のコントロールが難しくなり感傷にひたりやすくなります。

この点からも、20代女性などがとても魅力的に見える傾向もあり、プラトニックな関係を持ちたいと思う傾向がある点が特徴ともいえるでしょう。

50代と20代となれば約30程度の年齢差があるということからも、アプローチをするとなると勇気もいりますが、近年では比較的年齢がかなり離れていてもデートをしたりプラトニックな関係になる男女もいるため積極的に行動してみるのも一つの方法です。

50代男性は家庭に居場所がなく、癒やされたい

50代男性は仕事的にも責任ある立場に立っていることも多く、家庭よりも仕事を優先している傾向もあります。また、家庭ではあまり自分の居場所がなくて落ち着かず、結果として仕事に打ち込んでしまう傾向もあるためその他にも趣味や自身が楽しめることを探しているというのもこの年代です。

若者ならば、積極的に外に出てショッピングや遊び、趣味など活発な行動をとるものですが50代の場合には、そこまで積極的な行動というのは難しいものがあります。ですが、恋愛などに関しては、どの年齢層であっても相手が見つかればそこから、比較的積極的な行動をとれる場合もあるため家庭に居場所がなく、癒されたいという気持ちがある場合にはそのような関係を求めることもあるでしょう。

50代男性がプラトニックな20代女性を職場で探すのはNGな理由

職場で50代男性がプラトニックな20代女性を探すというのは、少し難しいといえます。理由としては、職場でそのような関係となってしまい、それが周囲にバレるというリスクがあるためです。

周囲にバレてしまえば、仕事上の都合が悪くなる可能性や職場での人間関係トラブルとなる可能性などもでてきます。また、相手となる20代女性にとってみても職場に居づらいという状況となりがちです。

できれば、そのような状況は作らないようにするためにも、職場で探すのではなく仕事関係からではなく、プライベートで探すということも大切です。

仕事上のストレスなどもあり、それをプライベートで解消するというのは生活をしていくためにも重要だといえます。

50代男性がプラトニックな関係の女性を探す方法は?

50代男性がプラトニックな関係の女性を探す方法としては、休日などを利用して出かけてみることが大切です。普段が仕事を中心とした生活ならば、休日を利用して積極的に外出をすることで出会いのきっかけを掴むことがポイントといえます。

自宅にいるだけでは、人との出会いにはつながりません。ましてや平日の仕事では、職場の人やお得意先の人間関係となるため、そのつながりからプラトニックな女性を探すというのはリスクとなります。

そのような状況とならないためにも、プライベートで探す必要がでてくるため積極的に外に出てみることも大切です。もしくは、ネットなどを利用してSNSなどからコミュニケーションをとり、その流れでつながりを求めていくというのも有効な手段といえます。

50代男性が20代女性とプラトニックな関係を持続させるコツ

50代男性が20代女性とプラトニックな関係を持続させるコツとしては、誠実であることと距離感を保つという点を意識するといいでしょう。真面目に相手と付き合いがあれば、相手もその気持ちに応えてくれることになります。

また、あまりずかずかと相手のプライベートに踏み込むのではなく、一定の距離感を保つことでお互いにちょうどいい距離を保ちつつ付き合いをすることでプラトニックな関係を比較的長く持続させるコツでもあります。

プラトニックな関係というのを意識しすぎても、持続させるのは難しいでしょう。基本的には、お互いが自然に付き合える状態を保つということに意識を向けることも大切です。変に意識しすぎないようにあくまで自然体で接することができる関係を維持していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました